カウンターチェアーの選び方

カウンターチェアー 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

カウンターチェアーの選び方




 
カウンターチェアーの選び方 ステップ

〜足の置き場があれば、座りやすい

カウンターチェアー

ステップリングが必須
カウンターチェアーは、通常のイスと比べて、座るシート(座面)の位置が高いのが特徴。足が床にベッタリつかない場合が多いので、足を乗せる「ステップ」(ステップリング)が脚部についているのが必須です。ステップがあれば、長時間座っていても疲れにくくなります。

腰かけがラクに
ステップリングは、最初に腰かけるときにも役に立ちます。身長が低い人でも座る際にステップを踏めば動作がラクに。とくに女性の場合、タイトなスカートをはいているときは、足が開きにくくなっているため、高いチェアーを上り下りするのは至難の技。ステップがあれば、カウンターの上に手をつかなくてもスムーズに腰かけることができます。

座面に近いとスムーズに
ハイヒールを履いているときは、腰かける際にステップリングを踏んでもバランスが崩れやすくなります。ステップにある程度の太さがあると、体の安定を保ちやすくなります。また、ステップと座面との距離感が近い方が、腰かけるときの動作もスムーズになります。


 
カウンターチェアーの選び方 背もたれ

〜ゆったりとくつろぐために

背もたれで座りやすく
カウンターチェアーに背もたれがあると、座っているときに体のバランスをとったり、背筋を伸ばすのがラクになります。力をふっと抜きながら、じっくりお酒を飲みたいときに使うカウンターチェアーだから、やっぱり背もたれが欲しいところ。

デザイン性
背もたれの背面が人目につきやすい場所に置かれることが多いのが、カウンターチェアーの宿命。飲食店でも家庭でも、カウンターチェアーの後ろには通常のテーブルがあって、そこに人が集まるからです。背もたれのデザイン性や、部屋のイメージとの統一感もチェックしましょう。


 
カウンターチェアーの選び方 座面

〜座りやすいシートを

クッション性
イスの座面には、クッションタイプと板座タイプがありますが、クッションタイプの座面のほうが、長時間座ってもお尻が痛くなりづらいです。ただ、部屋のインテリアによっては、板座のほうがスタイル的にマッチする場合も。

360度回転なら便利
座面が360度回転すると、座りながら体の向きを自由に変えられ、前後左右にいる人と楽に会話ができます。腰かけるときや、降りるときも、イスの向きを変えながら動作ができるので、たいへんスムーズです。

ほどよい大きさ
カウンターチェアーは、座面の前縁が高すぎると、太ももの裏側が圧迫されて、血行を悪くします。また、座面が深すぎると、背もたれの支持が不安定になる場合があります。


 
カウンターチェアーの選び方 座面の上下調節機能

〜「高さ」問題を解決

子供でも簡単に使える
シートの上下調節ができれば、自分が一番楽に座れる姿勢に調節できるからとても便利です。腰かけや降りるときもラクラク。子供が使うときには、一番下まで下げた状態で腰かけてから、テーブルの高さにあわせて座面を上にあげればOK。ガス方式の上下調節なら、上下の動きもとてもスムーズです。


 
カウンターチェアーの選び方 インテリア

〜空間のアクセントに

存在だけで飾りになる
店舗で使うカウンターチェアーは、店内の内装と調和するのが必須ポイント。テーブル席があるお店なら、テーブルチェアーとのコーディネートも意識しましょう。家庭のカウンターチェアーも、部屋の雰囲気を壊さないように注意したいところ。必ずしも毎日使う家具ではないから、飾りとして置いておいても、インテリアのアクセントになるものがいいです。


 
カウンターチェアーの選び方 お手入れのしやすさ

〜簡単に拭けるタイプが便利

合成皮革やプラスチック素材なら水拭きもOk
カウンターチェアーは飲食に使うことが多いので、食べ物や飲み物の汚れがついてしまいがち。衛生面がたいへん気になります。座面の材質が合成皮革や強化プラスチックだと、汚れたときは水拭きもできるから便利です。


カウンターチェアーの種類 >>


カウンターチェアーの選び方 メニュー

選び方

種類

材質





カウンターチェアー 通販.com トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ


Copyright (C) カウンターチェアー 通販.com. All Rights Reserved.